• TOP
  • お問い合わせ
  • 025-247-0088 9:00~17:00 火・祝定休

よくあるご質問

登録証について

何か資格がないと刀の購入や取扱いはできませんか?
また、持ち歩くと銃刀法違反になるのでしょうか?
刀を所持する人あるいは刀を購入するにあたっての資格は必要ありません。
ただ所持または購入する刀には登録証が付いている物でなければなりません。
刀を必要もなく携帯し、運搬してはいけません。
登録証のついていない刀がでてきた!どうすれば良いですか?
もし家の中から登録証の付いていない刀が出てきたら、所轄の警察署に届け出をしましょう。
発見したいきさつを説明すれば、警察署で発見届の書類を作ってくれます。
あらかじめ発見した日時や場所を確認しておくと良いでしょう。
重要なことは発見したそのままの状態で、動かさずに電話することです。
登録証をなくしてしまった場合、再発行はできるのでしょうか?
登録証は刀とともに大切に保管することはもちろんですが、そのコピーを別途保管しておくことをお勧めします。
万一紛失した場合は、速やかに発行元の都道府県教育委員会に届け出て、登録証の再交付を受けてください。
登録番号などが確認できるものに限り、再交付が可能です。
海外への持込、海外からの持込は可能でしょうか?
文化庁に「古美術品輸出鑑査証明」の申請をし、その刀が国宝・重要文化財の指定または重要美術品等認定物件でないことを証明してもらわなくてはなりません。刀の写真などを添えて申請書を提出すると約二週間後に証明書が交付されます。

日本刀について

日本刀を購入する際に、何を気をつけて見ればいいのか教えてください。
刀剣の売買では個人間の取引はなるべく避け、信用ある専門の刀剣商から購入することをお勧めします。
なぜかと言いますと、刀剣は同じ作者の作品でも、出来の良し悪しや保存状態などの理由で価格の開きがあります。根拠の不確かな価格で取引した後、トラブルになることがままあるので注意しましょう。
手入れ方法や頻度などについて相談にのってもらえますか?
ご来店頂ければ手入方法や保管等についてご相談に応じます。
刀の鑑賞会に参加したいのですが、どこで申込すればいいですか?
公益財団法人日本美術刀剣保存協会の協力団体である日本美術刀剣保存協会新潟支部では二ヶ月に一回、日本刀の鑑賞会を実施しております。
参加ご希望の方は、当店でもお取次ぎ致しておりますから、お気軽にお申し付け下さい。

買取・販売について

査定にはどれくらいの時間がかかりますか?また、事前に予約はいりますか?
当店での買取査定には、刀剣をご持参頂ければその場ですぐに評価させて頂きます。
購入したいのですが、カード決済はできますか?
ご購入に際しては現金決済を主としていますが、場合によってはカード決済も可能です。
出張で査定・買取に来てほしいのですが・・・
査定・買取は原則としてご来店を希望しますが、刀剣の数が多い場合とか当店に来店できないご事情がある場合には出張買取も可能です。
ページトップへもどる
© 株式会社昌玄